« オーケストラ練習初日 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日 »

2006年4月 9日 (日)

乃南アサ・音道貴子シリーズ

乃南アサの「鎖」を読んでから、続けざまに音道貴子シリーズを読んだ。

作品刊行順で行くと、

  1. 「凍える牙」
  2. 「花散る頃の殺人」
  3. 「鎖」
  4. 「未練」
  5. 「嗤う闇」
となる。が、私の場合、「凍える牙」から「鎖」と行き、一つ戻って、「花散る頃の殺人」、「未練」と読んだことになる。

この音道貴子シリーズを読み始めたのは、やはり「鎖」の圧倒的な迫力であった。「鎖」を読み終えた時には、これで音道貴子は立ち直れないと思っていたら、短編集があることを知り、この二つの短編集を読んだ次第。「未練」では、「鎖」での事件の跡が伺える。

短編集なので、重厚感はないが、警察、警視庁機動捜査隊という男社会での人間関係、事件にからむ人間関係の描写・心情が良く書かれており、面白い。

まだ「嗤う闇」は、読んでいないが、この「嗤う闇」も、私の「この次に読む本リスト」に入っている。

因みに、その後、横山秀夫の「陰の季節」を同じ警察物として読了し、今読んでいるのは、「ダ・ヴィンチ・コード」です。これもなかなか面白い。もうすぐ読み終わります。


女刑事音道貴子 花散る頃の殺人

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人

  • 作者: 乃南 アサ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 文庫

未練―女刑事音道貴子

未練―女刑事音道貴子

  • 作者: 乃南 アサ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 文庫


嗤う闇

嗤う闇

  • 作者: 乃南アサ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/03/17
  • メディア: 単行本

|

« オーケストラ練習初日 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120915/9510621

この記事へのトラックバック一覧です: 乃南アサ・音道貴子シリーズ:

« オーケストラ練習初日 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日 »