« マーラー7番が鳴り響く(BlogPet) | トップページ | 中途覚醒 »

2006年8月14日 (月)

8/15を前に-NHKスペシャル「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」

8/15前夜の今晩先程、NHKスペシャル「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」を見た。

中年の私でも、今更ながら歴史の勉強になった。

積年の日中間の歴史認識の違い、いや政治問題化した歴史問題に対して、8/15を前に再度、考えさせられる番組であった。

日華条約、日中共同宣言、村山首相談話、靖国問題などの舞台裏。中国の二分論-一握りの日本軍国主義者と被害者である大多数の日本国民。

番組の前半は、お互いにわだかまりの溶けない日中関係、これまで両国が戦争責任や歴史問題をどう取り扱ってきたか、VTRで検証し、後半、有識者による討論からなる番組であった。

尚、8/18(金)1:10-2:40 再放送される。

|

« マーラー7番が鳴り響く(BlogPet) | トップページ | 中途覚醒 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8/15を前に-NHKスペシャル「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」:

« マーラー7番が鳴り響く(BlogPet) | トップページ | 中途覚醒 »