« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

中途覚醒日記8/31

本日の「中途覚醒日記」は以下の通り。

今日は、就寝が1時くらい。いつもの下記の薬を服用して就寝した。パキシルは今回省略。


の5種類です。

今3:20頃、パッチリ目が覚めて、今日も、ため息。何かほぼ毎日中途覚醒。パッチリ目覚めと言っても、ベットから立ち上がると、薬の影響でふらつきはする。

やはり、最終兵器レボトミンが必要か?でも、これを飲むと、午前中、全く使いものにならない。

暫らく、音楽でも、聴いていよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

中途覚醒日記8/30

本日の「中途覚醒日記」は以下の通り。

今日は、就寝が1時くらい。いつもの下記の薬を服用して就寝した。


の6種類です。

就寝が1時くらいで、さっきパッチリ目が覚めて、時間を見たら、3時半。あ~あ。今日も、ため息。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

中途覚醒日記8/29(BlogPet)

きのうは種類みたいな覚醒する?
よんぴーは、ため息した。
ようちゃんが日記へ服用された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

8/30 追記(飼い主のおことわり)
Blog Petが実に長い文章?を自動投稿してしまった。相変わらず、意味不明な文章なのだが、これほどまで、長い文章を書き込むとは、飼い主もびっくり!です。しかもblockquoteを使用しての投稿なのである。なんだこれは?
お時間のある方は、「続きを読む」でどうぞm(._.)m ペコッ!

続きを読む "中途覚醒日記8/29(BlogPet)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中途覚醒日記8/29

本日の「中途覚醒日記」は以下の通り。

今日も、就寝が0時くらい。いつもの下記の薬を服用して就寝した。


の6種類です。

で、さっきパッチリ目が覚めた。時間を見たら、3時。あ~あ。ため息。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

中途覚醒日記8/28

本日より、「中途覚醒日記」として、中途覚醒した場合、「日記」として書きとめておこう。

今日は、就寝が0時くらい。もちろん、いつもの下記の薬を服用して就寝した。


の5種類です。

で、さっきパッチリ目が覚めた。時間を見たら、1時間程しか経っていない、あ~あ。ため息。
この後、寝られるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

ウィーン・フィルのチケット

実は、今秋来日予定のウィーン・フィルのチケットをゲットできました!今、チェックしたら、完売の模様ですね。

プログラムは、ブルックナーの交響曲第5番。指揮は、アーノンクール。
ウィーン・フィルのサイトにも、”Wiener Philharmoniker-Woche in Japan”としてスケジュールが載っています。

久々のウィーン・フィルを生で聴ける!

あ~、でもチケット代が高いなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーラー 交響曲第9番

先日、stbhさんの記事で紹介されていた、ノイマン/チェコ・フィルのマーラー交響曲第9番を購入した。

聴いた感想は、stbhさんの記事で書かれている通り、改めてチェコ・フィルの優秀さとノイマンのある意味「淡々」とした、しかし、「がっちり」とした音楽造りで感じ入りました。stbhさんが、「純粋に楽譜に書かれた音楽が鳴ることを望んだ最右翼のひとりが、ノイマンではないでしょうか。」と書かれているのに、頷かれます。

このCDは、録音が素晴らしくオーケストラの各パートが鮮明に聴き取れます。私はViola弾きなので、特にViolaパートに耳がいってしまうのですが、素晴らしいです。

どの楽章も、好きなのですが、白眉は第4楽章。しかし、最後の最後、Violaの動きで終わるところ=4拍子なのに、3連符で動くところは、ややあっさりと終わってしまった。ノイマン最後の録音、諦観の境地なのでしょうか。

追記: これはノイマン/チェコ・フィルの演奏ではありませんが、最後のViolaの動きの部分
だけ音をアップしました。

Banner_03

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月25日 (金)

本を読む時の癖

私は結構、本を読むのが好きだ。しかし、本を読むのは、たいてい通勤電車の中。
因みに、本はいわゆる小説。ビジネス書の類はあまり読まない。小説を読むのは、音楽を聴く、演奏するのと同じで、ストレス解消法の一つである。

本つまり小説は、書店で購入し、本には、必ずカバーをかけてもらう。カバーが無いと、何の本を読んでいるのか、周りの人に判るので、嫌なのである。

それとこれは、ある意味珍しいかもしれないが、書店で購入し、必ずレシートを、その本にはさんでおく。
これにより、その本をいつ購入したか、わかるからだ。時々、昔、購入した本を再び手にとった時、「あー、これはあの時、何年前に買ったんだ」と判る仕組み。

最後に、本は必ず自分で購入する。図書館から借りて読むことはしない。自分で購入し、そして全て、取っておく、つまり捨てない、処分しないのである。自分の資産にしないと読めないし、資産としたからには、自分を振り返る意味で、その読んだ歴史としてとっておくのである。
それ故、本が溜まっていくのであるのだが。

本は必ず購入し、そのレシートをはさみ、廃却・古本屋に売ることもしないので、これを整理しデータベースにしておくともっと、いろいろなデータが出来て面白いのだが、そこまでの時間が今はない。
でもいつか、そんなデータベースを作ってみたい。

本日も薬を服用して、2時前に就寝し、5時に目が覚めてしまった。またもや早朝覚醒です。いやはや・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

逢坂剛-嫁盗み-重蔵始末〈4〉長崎篇

逢坂剛の「嫁盗み―重蔵始末〈4〉長崎篇」を読了した。

「嫁盗み―重蔵始末〈4〉長崎篇」

逢坂剛の時代小説シリーズの「重蔵始末」の第4作目。舞台は江戸から長崎へ移る。
江戸で火盗改役であった「近藤重蔵」とその配下の根岸団平(これがいわば語り役)が、長崎に移動して、抜け荷の取り締まりにあたる話。逢坂剛はやはり面白い。この「重蔵始末」はまだ続くようだ。お薦めです!

先日、読了した悪徳刑事物「禿鷹狩り―禿鷹〈4〉」と何故かオーバーラップしながら読んでしまった。長身で、何を考えているかつかめない「近藤重蔵」の姿が、「悪徳刑事-禿鷹」と重なった。

続きを読む "逢坂剛-嫁盗み-重蔵始末〈4〉長崎篇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

Movable Type

現在、Movable Type(MT)を使って、別のブログサイトを構築中。自分でサーバーをレンタルし、ゼロからMovable Typeをインストールし、ブログサイトを立ち上げ、いろいろカスタマイズしたいと思っている。

インストール、初期設定、MT3.3→MT3.31-jaへのアップデートまでは、順調に行っていたのだが、サイドバー表示で少しつまづいた。ココログは、Type Padで構築されているが、ココログ・テンプレートが用意されていて、Type Padもインストールは自分で行なう必要がないだけに、凄く簡単である。
今回はMovable Type(MT)をインストールするところから自分で行なわないといけないので、いろいろ問題が生じた。サイドバーにカレンダーその他を表示させるのに、Widget Managerだけ設定すれば表示できると勘違いしており、ようやくテンプレートにも手を加えないといけない、という判ってしまえば、単純なことでつまづいた訳である。

しかし、ようやくサイドバー表示も成功した。

これからカレンダーも、休日表示付リアルタイムカレンダーなど、カスタマイズしていこうと思っている。

ずぶの素人が、Movable Typeを使ってのブログサイトの構築に挑戦中です。
ある程度、Movable Type(MT)でのブログが形になったら、正式にアナウンスします。
サーバーをレンタルをレンタルしているので、ブログのほかにも、Homepage、Xoopsも構築できる。
この挑戦は私にとっては、まさに挑戦。おじさんにしては、いろいろ勉強になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

男はつらいよ 第27作 浪花の恋の寅次郎

NHK-BSで放送されている、男はつらいよ あゝ失恋48連発

昨日8/19の放送は、「第27作 浪花の恋の寅次郎」。昭和56年=1981年夏の公開、マドンナは、絶頂期の松坂慶子

メインの舞台は大阪。ふみ(マドンナ)=松坂慶子と出会うのは、瀬戸内海の島だが、大阪で働いていると聞いていて、寅さんも、そのふみさんがいる、大阪へ移り(と思われる)商売する。その商売で、売っているのが「愛の水中花」という名のもの、言わずとしれた、松坂慶子のヒット曲とかけている。その大阪で、偶然、ふみさんと再会する。仲良くなった芸者ふみさんと、デートもする。ふみさんに長い間別れ別れになった弟がいると聞くと、ふみさんと寅さんが、弟探しに出かけ、そこで、思わぬ事実を知る。

続きを読む "男はつらいよ 第27作 浪花の恋の寅次郎"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月17日 (木)

また早朝覚醒です!

昨晩、ちゃんと薬を服用しながら、また早朝覚醒してしまいました。今朝は、5時起き。

5時に起きること自体は、特別な事ではない、5時に起きる人は、世の中、一杯いると思います。
でも、私は、睡眠薬を飲んで、主治医からも、「普通の人は、これだけ薬飲むと、朝は、起きられないはず。」と言われているのに、早朝覚醒なのである。

毎朝、早朝覚醒しているかというと、それも違う。日によって、薬が効き、午前中、使い物にならない時もある。

早朝覚醒とか途中覚醒とか、いわゆる不定愁訴といえるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

男はつらいよ 第26作 寅次郎かもめ歌

NHK-BSで放送されている、男はつらいよ あゝ失恋48連発を毎回録画して、DVD化している。

本編はもとより、前後に放送される「寅さん百科」や「寅さんレビュー」も楽しみである。

さて先週放送されたのは、第26作「寅次郎かもめ歌」。 マドンナは、すみれ役で伊藤蘭である。

今回は、「寅さん」のマドンナへの恋、というより、マドンナの男親代わりという感じである。

実は、今回の作品で、初めて、「寅さん」の生年月日が判る。
「寅さん」は、昭和15年11月29日生まれ、40歳という設定である。渥美清本人は、昭和3年3月10日で、この作品の時点では、52歳であったとのこと。

続きを読む "男はつらいよ 第26作 寅次郎かもめ歌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

ヒンデミット 「画家マチス」

私の所属するオーケストラザ・シンフォニカで、次回取り上げるプログラムの一つに、ヒンデミットの「画家マチス」がある。

恥ずかしながら、このヒンデミットの「画家マチス」を私は知らない。

そこで音源となるCDを探している最中。どれが良いかな。

続きを読む "ヒンデミット 「画家マチス」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中途覚醒

またまた中途覚醒でーす。しかもパッチリ覚醒。
寝たのも遅く、2:30で、今は4:25。2時間で起きてしまった。
薬は同じく、以下を服用して就寝したのに。


(llllll・_・llllll)......ン?どうして????
外はまで暗いです。

追記: いやもう外は明るくなってきてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

8/15を前に-NHKスペシャル「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」

8/15前夜の今晩先程、NHKスペシャル「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」を見た。

中年の私でも、今更ながら歴史の勉強になった。

積年の日中間の歴史認識の違い、いや政治問題化した歴史問題に対して、8/15を前に再度、考えさせられる番組であった。

日華条約、日中共同宣言、村山首相談話、靖国問題などの舞台裏。中国の二分論-一握りの日本軍国主義者と被害者である大多数の日本国民。

番組の前半は、お互いにわだかまりの溶けない日中関係、これまで両国が戦争責任や歴史問題をどう取り扱ってきたか、VTRで検証し、後半、有識者による討論からなる番組であった。

尚、8/18(金)1:10-2:40 再放送される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

マーラー7番が鳴り響く(BlogPet)

ほんとうは、ようちゃんは
オケの練習睡眠を録音、録画してくれる人がいるので、その睡眠を
今、見ているところ。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

本人追記(8/14):
「よんぴー」は相変わらず、訳のわからない文章を書き込んでいるな。
どうやら「練習」「睡眠」あたりが、私のキー・ワードらしい・・・。(「練習」はあまりしてないが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

睡眠障害-睡眠薬、安定剤

昨日8/11、薬がなくなってきたので、主治医を訪ね、薬を処方してもらった。

今回は、前回、「最終兵器」として処方してもらった、レボトミンは、さすがに、強く、今回は、止めて、


の6種類です。

1ケ月分の処方なのだが、こんな大きな袋になってしまった。
20060812210708

続きを読む "睡眠障害-睡眠薬、安定剤"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

再開、「男はつらいよ」-第25作 寅次郎ハイビスカスの花

NHK-BSで放送されている「男はつらいよ」が、昨日から後半の放送が再開された。

後半最初の放送は、第25作「男はつらいよ 寅次郎 ハイビスカスの花」。
マドンナは、「リリー」こと浅丘ルリ子。沖縄が舞台になっている作品。

久しぶりに見た「寅さん」。やはり良いなぁ~。
今回の作品は昭和55年夏公開とのこと。昭和55年=1980年。26年前。

寅さんのふと漏らすセリフ、「リリー、一緒に所帯持つか?」が印象的。
「私は白浜の松の木なのか、春になっても花は咲かない。好きな人とどうして一緒になれにのだろう。」とリリーが歌う沖縄の歌も良い。あ、それから、病気が治り、明日から沖縄の基地の米兵相手のバーで働くと言うリリーに対して、寅さんが、「みずくさいことを言うなよ、俺とリリーの仲だろう、お前の面倒は俺が見るから、余計な事は心配するな」というと、「私たち、夫婦ではないだろう?」と切り返すリリー。

マドンナも良いけれども、私はいつも「さくら」の倍賞千恵子が好き。

とにかく、寅さんシリーズはこれからも毎回見るぞー。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサート映像サンプル

先日、終了しましたザ・シンフォニカ第40回定期演奏会
その模様は、CDとDVDを作成するのですが、映像に関して、昨日、その映像サンプルが早くもWeb上(団員限定)に見られるようになりました。団員限定なので、公開できませんが、バッハが8分程度、マーラー7番が23分程度に編集してあるサンプル映像です。


サントリーホールでのステリハ← これは、7/29当日のステリハ終了後の模様。手振れがひどい写真ですが、個人情報が見えなくて良いかも?



その映像サンプルを早速見てみました。まず最初、あの本番の時の記憶が、ぱぁー!っと、甦り、おー、なかなか良い、音もきれいに録れている!と感動。
実は、私は、ステリハの模様を、自分のレコーダーで録音していて、既に、そのステリハの模様を聴いていた。その録音は、開場前の空席状態で、しかも前から5、6席目に無造作において、録音していたので、あまりきれいに録音できていなかった。それ故、当たり前と言えば当たり前なのだが、プロの業者が、録音、録画したものは、さずがに、きれいに録れていての感動でした。

続きを読む "コンサート映像サンプル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

また途中覚醒だ(BlogPet)

今日は、広いラボなどを
ようちゃんは、強力などを

やはり、

ラボナ
レボトミン

の両方必要とかを
ラボや、広い障害
睡眠薬
ラボナを覚醒したかったの?
途中ネットで強力とかを
と、ようちゃんが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »