« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月28日 (日)

男はつらいよ 第48作 寅次郎紅の花

NHK-BSで放送されている、男はつらいよ あゝ失恋48連発の第48作、最終作である。
とうとう最終作になってしまった。

本編放送後の「寅さんレビュー」では、今回、山田監督が出演していた。この「寅さんレビュー」については、別エントリーにて、その模様をアップするつもり。

1/27/07の放送は、「第48作 寅次郎紅の花」。平成7年=1995年12月の公開。阪神・淡路大震災の年である。

寅さんのマドンナ役は、4回目の「リリー」(浅丘ルリ子)が、そして満男のマドンナ「泉」(後藤久美子)も、5回目の登場である。
その他配役も豪華顔ぶれ。

しばらく音信不通だった寅さんが、震災のあった神戸にいることが分かるところから、物語が始まる。そして、泉が、久しぶりに満男を訪ねてくる。結婚話しを控え、満男に相談に来たのである。その満男が、寅さんの様に、泉の結婚式をめちゃくちゃにしてしまう。傷心の満男は、奄美大島に。そこで、リリー、寅さんに出会う。

今回は、最終作であり、本編でも過去の作品への言及がある。

奄美大島での、リリーの家で、寅さんの過去の失恋話を満男が、リリーに言いつけるシーン。
寅さんとリリーの出会いを回想するシーン。

最終作と思うと、ジーンとくる。

寅さんは、旅に出たままだが、こうして48作もの作品が残っている。これからも、寅さんに会いたくなったら、また作品を見て、皆の心に、帰ってきてくれる。

今思い起こせば、オンタイムで観た作品が、何作あったか。全て、オンタイムで、これらの作品を見ていたら、自分もまた違う選択をしたかもしれない、今回、初めて、全48作を見終わっての感想である。

見終わったばかりだというのに、もう既に、また改めて1作目から、見直したい、と思う、そんな不朽の名作ぞろいだ。

寅さん、ありがとう!

いつものセリフ起こしは、「続きを読む」でどうぞ。

続きを読む "男はつらいよ 第48作 寅次郎紅の花"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

よんぴーは(BlogPet)

よんぴーは、ここへ待ち時間も予約したかった。
またここで経験された。
またようちゃんがここまで床は処方しなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

白血球の増加-健康診断(人間ドック)結果

昨年12月に会社で受けた健康診断(人間ドック)の結果が、本日、正式に連絡があった。

その結果によると、血液検査で、白血球数が基準値最大の2倍になっており、”医師に相談する様に”とのことであった。

内訳を見ると、好中球数が基準値以上に増えており、一方で、リンパ球が基準値以上に減っていた。基準値との差でいうとリンパ球の減少の方が大きい。免疫不全傾向なのか。肝臓とも関係ある?

この白血球の増加傾向は、肝臓検査の為の採血結果からも、最近、顕著になっていたが、今回の会社での診断結果の値は、人生、最高値になっていた。

白血病ということは、無いだろうが、気になる。

また、赤血球、血色素量、血小板数が、基準値以下に減少して、これも、異常値マークがついた。貧血傾向とのこと。身体のどこかで、出血しているのか?

あとγGTPは、いつもの通り、基準値の3倍。これは、いつものこと。持病のPBCの為、仕方がない。薬は服用しているのだが。

来週、肝臓の定期検査があり、採血しなければならず、本日、上記の様に、医者に相談しろとのことであったので、自宅近くの掛かりつけの病院に、夜の診察時間に駆け込み、先程、採血してきたところ。

さて、来週、どんな結果がでるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月21日 (日)

男はつらいよ 第47作 拝啓寅次郎様

NHK-BSで放送されている、男はつらいよ あゝ失恋48連発の第47作。

1/20/07の放送は、「第47作 拝啓寅次郎様」。平成6年=1994年12月の公開。

今回も、また、「満男」( 吉岡秀隆 )の新たな恋物語と寅さんの大人の恋が絡む。

寅さんのマドンナの典子役にかたせ梨乃、満男のマドンナの菜穂役に牧瀬里穂
その他に山田雅人小林幸子も出演しています。

満男が就職して半年。たまたま帰ってきた寅さんが、仕事への不満を抱える満男に、人生の先輩として、商売のコツを授けるシーンは秀逸(そのセリフは、続きを読むでどうそ)。満男は、先輩から相談があると、長浜に出かけ、そこで、先輩の妹に恋をしてしまう。一方の寅さんも、同じ長浜で、趣味で写真を撮りにきた典子と出会う。

いつものセリフ起こしは、「続きを読む」でどうぞ。

続きを読む "男はつらいよ 第47作 拝啓寅次郎様"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

きょうシブヤの(BlogPet)

きょうシブヤの、いぶー!
一方きのう、放送したの?
またシブヤで、いぶ♪
一方きょう、小曽根でアレンジー!
一方よんぴーはシブヤと小曽根でシブヤが互いみたいな息したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

小曽根真、塩谷哲-シブヤらいぶ館「歌のない音楽会」

1/17 NHKハイビジョンで放送された「シブヤらいぶ館 歌のない音楽会-小曽根真、塩谷哲」を観た。

いやー、楽しい時間でした。あっという間の43分でした。

二人の息の合ったピアノ・デュオ&ソロ。

曲目は、以下の通り。( )内は、演奏者です。
・Bienvenidos Al Mundo (Duo)
・Pray (小曽根真)
・Cat Dance (Duo)
・Home (塩谷哲)
・モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲 K.365から 第3楽章 ロンド (Duo)

ソロでは、互いの曲を、相手が演奏する形。
二人のデュオは、本当に楽しいし、一方、ソロの曲では、心に染み渡る。

また目玉のモーツァルトでは、ジャズ風のアレンジで、これまた楽しいびっくり。

CDは、持っているが、今回、映像で見られたのが良かった。
ついついピアノを弾く指先を見てしまった。

再放送は、1/24(水) 18:00 NHK BS2にて。

番組HP: シブヤらいぶ館


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

男はつらいよ 第46作 寅次郎の縁談

NHK-BSで放送されている、男はつらいよ あゝ失恋48連発の第46作。

1/13/07の放送は、「第46作 寅次郎の縁談」。平成5年=1993年12月の公開。

今回は、形を変えて、「満男」( 吉岡秀隆 )の新たな恋物語と寅さんの大人の恋が絡む。

寅さんのマドンナの葉子役に松坂慶子、満男のマドンナの亜矢役に城山美佳子
笠智衆を偲んで、御前様の娘役として光本幸子、その他に島田正吾も出演しています。

物語は、満男の就職活動の苦悩から始まる。何社も就職面接を受けるが、ことごとく失敗し、嫌気がさした満男は、博と喧嘩し、家出をしてしまう。そこへ、寅さんが旅先から帰ってくる。そこで、家出をした満男を連れ戻しに香川の琴島へ行くことになるが、そこで、寅さんも一目惚れしてしまう。

いつものセリフ起こしは、「続きを読む」でどうぞ。

続きを読む "男はつらいよ 第46作 寅次郎の縁談"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月13日 (土)

宮崎の一つとなる(BlogPet)

従来は永瀬正敏などを病気したい!
ようちゃんは、故郷にずぅーっと帰ってないんだしなって思うものを、私の手で、奥行きがないから、黙ってたの?

泉 「そりゃぁ、お前、たまに、愛している模様」
詳しくは、分からない

満男 「おい」

満男 「誰が」


宮崎の一つとなる
寅さんと蝶子が、寅さんにくってなぁ

泉 「帰っとね」
朝ごはん食べてる時とか


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

背中が痛い

月曜日から、毎日、午後、夕方になると背中が痛みだします。
背中の右側が痛むのです。
今も痛いです。
なんか肝臓の裏側の辺りです。
外傷性でもなく、筋肉痛でもなく、身体の中が痛い感じ。
でも、絶えられない劇痛ではなく、鈍痛。

ネットで調べると、内臓が悪い可能性があるとのこと。膵臓?、肝臓?

肝臓定期健診まで、まだ間があるので、病院に行こうかどうか迷い中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

男はつらいよ 第45作 寅次郎の青春

NHK-BSで放送されている、男はつらいよ あゝ失恋48連発の第45作。

2007年最初、1/6/06の放送は、「第45作 寅次郎の青春」。平成4年=1992年12月の公開。
「ゴクミ・シリーズ」の第4弾である。

一連の「ゴクミ・シリーズ」の続きである。
第1弾「第42作 ぼくの伯父さん」
第2弾「第43作 寅次郎の休日」
第3弾「第44作 寅次郎の告白」


今回も、「満男」( 吉岡秀隆 )と、「泉」( 後藤久美子 )の恋物語。そこに寅さんの大人の恋が絡むのは、従来通り。今回も、満男と泉の間がまた一つ前進。

風吹ジュン夏木マリ永瀬正敏等も出演しています。

御前様こと、笠智衆が、この作品公開後、亡くなられて、「男はつらいよ」出演最後となった作品。

物語は、前作より1年経ち、泉は東京のレコード店に就職。満男は、大学三年生。いつもの様に、泉に夢中の満男。泉の親友が結婚するので宮崎に出かけ、そこが舞台の一つとなる。寅さんと宮崎で出会うのもいつも通り。また泉を追いかけて、満男も宮崎へ。
寅さんは、宮崎で、床屋の女店主、蝶子(風吹ジュン)と出会う。パターンが違うのが、寅さんが惚れてしまうというより、蝶子が、寅さんに惚れる形なのか。満男と泉、寅さんと蝶子の恋物語が絡みあい、展開していく。

個人的感想では、このゴクミ・シリーズの中では、前作が良かっただけに、今ひとつ。
映像は、「男はつらいよ」シリーズの中でも、色っぽいシーンが多い。

NHKでは、アンコール放送を予定している模様。詳しくは、NHKのサイトへ。

いつものセリフ起こしは、「続きを読む」でどうぞ。

続きを読む "男はつらいよ 第45作 寅次郎の青春"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月 6日 (土)

きょうは(BlogPet)

きょうは、よんぴーが俳句を詠んでみようと思うの

 「終幕や 素晴らしいです 素晴らしい」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「よんぴー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

睡眠薬、安定剤-1/5処方分

2007年最初、不眠症の為の薬をもらいに行ってきた。

主治医は、大変頼りにしている先生。

唯一の欠点が、病院での待ち時間の長さ。病院、と言っても、個人で開業している「クリニック」で、予約制ではなく、受付順。診察内容の性格から、待ち時間が長くなる。最大5時間待ちを経験したことがあり、2時間待ちは当たり前。先生が良いから口コミで、受診する人も多いのだろう。

私も、片道1時間掛けて、通っている。もう、足掛け、5年、今年で6年目に入る通院歴。

ところが、今日は、待ち時間が最短の30分未満であった。年明け早々だからだろうか。

今日の処方も従来通り。また備忘録の為に記載しておきます。

  • デプロメール MS50
  • デパス Y-DP1
  • ラボナ TA 123
  • レポドミン 5Y LV05
  • ユーロジン 2 △142
  • リスパダール JK 101

    これだけの薬を飲んでも、そのままでは眠くならない。
    薬を飲んで、0約1時間たっても、眠くならない旨、話しをすると、ラボナ TA 123は、いわゆる麻酔薬だが、短時間の効果なので、1時間以上経ってしまうと、効き目がなくなるとのこと。
    薬を飲んだら、早めに床に入る様にとの話しであった。

    先生の言うとおり、早めに床につこう。

  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    クラシック音楽の日

    昨日1/4は、クラシック音楽の日でした。
    NHKハイビジョン放送が、朝から深夜まで、一日中、クラシック音楽の番組。全て再放送であるが、見逃していた番組を含め、ほとんど観ていて(ただ今まだ正月休み中です)で、お腹一杯でした。

    中でも、途中からしか観ていなかった、ウィーン国立歌劇場再開50周年記念ガラ・コンサートとメトロポリタン歌劇場ガラ・コンサートは、録画も出来て満足でした。

    またこういう日を作って欲しいな。

    これから薬をもらいに病院に行ってきます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2007年1月 2日 (火)

    ベルリン・フィル 2006 ジルヴェスター

    2007年の音楽の聴き初めは、2006年末のベルリン・フィルのジルヴェスターであった。
    もちろん、現地ベルリンは2006年の大晦日夕刻であったが、生中継で、日本時間では、2007年元旦午前1:15からの放送であった。
    尚、衛星生中継の映像が一部乱れたが、後日、字幕付きで再放送とのこと。

    (今回の”ドン・ファン”は、カメラが、ラトルの指揮の手を追って、動きまわり、非常に見苦しい=見づらかった。このカメラ・アングル、カメラ・ワークの演出は、最低であった。)


    プログラムは、
    ・R.シュトラウス 交響詩”ドン・ファン”
    ・モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 
      独奏 内田光子
    ・R.シュトラウス ”ばらの騎士”から三重唱とフィナーレ
      侯爵夫人:カシラ・ニュルンド   
      オクタヴィアン:マグダレーナ・コジュナー
      ゾフィー:ラウラ・アイキン     
      フォン・ファーニナル:デール・デュジング

    アンコール
    ・J,シュトラウス ポルカ”ハンガリー万歳”
    ・ドボルザーク スラブ舞曲ト短調作品46の第8

    サイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルであった。
    (ラトルのドイツ語は上手いですね。)

    会場のベルリン・フィルハーモニーには、ドイツ首相、メルケル氏も来場していた。

    実は、ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートは、聴いていないのだが、ベルリン・フィルのジルヴェンスターは、外せない。

    今回の注目は、”ばらの騎士”。第3幕からあの美しい三重唱、二重唱が聴きたかった。
    以前、1992年にアバドが、”ドン・ファン”と共に、やはりジルヴェスターで振っている。

    やはり、この曲は、名曲で、美しい。うっとり。今回、聴いてまた自分でも演奏したくなった。あー、演奏したい!

    年末のカラヤンとクライバーの”ばらの騎士”DVDを購入していて、また未試聴状態。これから、これらを試聴する予定。

    演奏したい!ということで、今回のプログラムから、モーツァルトと”ばらの騎士”を自分で一部分弾いてみました。「続きを読む」でどうぞ。

    続きを読む "ベルリン・フィル 2006 ジルヴェスター"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2007年1月 1日 (月)

    明けましておめでとうございます

    明けまして、おめでとうございます。

    2007年を迎えました。

    今年の抱負・・・と言えるものは、あまりないけれども、強いてあげれば、「楽しく過ごす」ことでしょうか。

    このブログも、「楽しく過ごす」ことの一環です。

    音楽のこと、映画のこと、本のこと、病気のこと、・・・
    いろいろなことをそのまま書いてしまいますが、今年もよろしくお願い致します。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    « 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »