« 旧友との再会 | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »

2007年2月20日 (火)

男はつらいよ-寅さんレビュー3:山田監督

NHK-BSで放送された、男はつらいよ あゝ失恋48連発

山田監督が出演した「寅さんレビュー」。その模様、第1回目第2回目に続き、収まらなかった部分を最後の3回目としてアップします。

視聴者の手紙-「消えゆく日本の風景」-について

渡辺アナウンサー 「今となっては、大変な文化遺産みたいなものですよね。今、もう撮れなくなった映像とか随分・・・」
山田監督 「もう随分、消えちゃった風景が、この映画の中には、確かにありますよね。」
渡辺アナウンサー 「そういう(消えゆく風景を残す)思いは、最初からあったのですか。」
山田監督 「いや、それは無いですよ。」
渡辺アナウンサー 「いつ頃からですか。」
山田監督 「そうですね、田中絹代さんが出た、あれは、10作か・・・」
渡辺アナウンサー 「『寅次郎夢枕』ですね。」
山田監督 「そうそうそう、あの田舎の道を探していたんですね。もう土の道が無いんですよね。その頃まではね、草履で歩くのは、土の道じゃなければいけなかったんですよ。柴又の土手だって、土だったんですから。で、こんな田舎に来ても駄目だな、みんなアスファルトだなって言って、そん時に、いまに日本中から土の道が無くなっちゃうんじゃないのかねぇ、っとカメラマンと(言って)、その内、保存されたりなんかしてなぁ、自然遺産か何かで。笑いあっていたんだけれども。それから数年後には、そうなっちゃいましたからね。その頃から、何か、映すとこ映すとこ、しばらく経つと、こう消えていく、無くなっていく、と。」
山本監督 「ローカルの鉄道とか、電車とか、それから祭りとか。風景がだんだん変わってきちゃって・・・。」
山田監督 「ええ、一番、消えてしまうのは、見えないけれども、つまり、人情ですよ。人と人との付き合い方、それから、その間に、こう、伝わるさまざまな情愛っていうもの。目に見えないけれども、だから消えたのも、良く分からないけれども、本当は、それが一番大事なんですよね、文化というのは、そういうもんだと思いますね。」
小野アナウンサー 「山田監督は、列車や汽車に、思い入れがおありなんですか。」
山田監督 「なんか、要するに僕は、昔から、SLマニアの少年でしたから、SL見ると、嬉しくなる方なんで。」
山本監督 「だから、全国の列車、汽車、こういうもののオタクの人が、意外と(寅さん映画の)ファンなんですよ。で、そういう人達は、そういう所ばっかり楽しみにしているという、変わった形の寅さんファンがいるんですよ。だから、僕はね、あの志村(喬)さんが出ている、備中・高梁でね、あそこで、丁度、寅さんと買い物に出かける時に、右側に列車が、バァーッと来ますね。それからしばらく経って、(志村さん役が)亡くなられて、みんなが、法事か何かで、戻ってくると、あそこは電車になっている。もうSLが居ないんです。同じカットで撮っているんです。あれ完全にオタクですね。」


「渥美清」・「アリア」について

山本監督 「渥美さんの凄さについて、ひと言で、言えますか。」
山田監督 「うーん、そうねぇ、やっぱり、『天才』という言葉は、この人の為にあるんじゃないかと思いますよ。本当にね、繊細で、頭がいいんですね。非常に切れ味の良い頭の持ち主で、恐るべき記憶力の持ち主で。台本、頭に入っちゃうんですから、2、3回読むと。信じられないくらいですよね。ちょっとああいう人は、出てこないだろうなぁ。」
渡辺アナウンサー 「間合いは、凄いですよね。アリアなんかは・・・」
山田監督 「そうそう、一流の落語家じゃなきゃ出来ないですよ。あれは出来ないです。」
山本監督 「一番感動するのは、リリーの舞台のことをね(第15作相合傘)、照明が当たって・・・、凄い良いねぇ、もう目に浮かぶもんね。何にも映像に映っていないのに。」
山田監督 「あ、あれね。ラッシュ、てやるでしょう。そん時にね、丁度、浅丘ルリ子さんが出番の日で、私もラッシュ見せてって、一緒に見て、あの場面やったんですよ。渥美さんが滔々と喋る。で、明るくなったら、彼女、涙流して、それでね、その時、彼女、キラキラしてましたね。「ようし、私、やるんだ」、という、そういう表情に出てたなぁ。あの渥美さんのアリアで、彼女、燃えたんだなぁ。」


寅さんは、また3月にアンコール放送があります。何が選ばれるか、楽しみです。

|

« 旧友との再会 | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120915/13978020

この記事へのトラックバック一覧です: 男はつらいよ-寅さんレビュー3:山田監督:

« 旧友との再会 | トップページ | とか思ってるよ(BlogPet) »