« 健康診断結果-腎臓の病気? | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

2007年12月30日 (日)

Audio Technica ATH-CK10で聴いた音楽

タイトル通り、Audio Technica ATH-CK10にて、ここ2週間の間、聴いた音楽(CDアルバム等)の紹介です。
イヤフォン・レビューにはなっていないかもしれないので、ご承知の程を。

ここ2週間の期間に約50-60時間程度、あくまで以下の音楽を実際に聴いた範囲での感想です。音楽を聴く環境は、自宅 及び 平日の通勤時間に、電車内(私鉄、地下鉄)で聴いています。

イヤフォンの事を書きますが、あくまで「ATH-CK10」での音楽の聞こえ方で、他のイヤフォンとの比較はしていません。

オーディオテクニカ バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK10

この「ATH-CK10」は、
- 中高音域よりの音で、解像度が高く、きれいな音。いわゆる「こもった音」がない。
- ヴォーカルが得意の模様。(ジャズ・ヴォーカルもオペラ歌手も)
- ピアノの高音の強打では、まだ耳に少し痛い。
- 巷間、言われている程、低音が鳴らないわけではない。
  但し、重低音が好みな方は、もの足りないでしょう。低音が表にでるわけではない。

- イヤーチップは、Lを使用。


■ジャズ

○Sarah Vaughan
# Crazy and Mixed Up

○Diana Krall
# All for You: A Dedication to the Nat King Cole Trio
# From This Moment On
# Live in Paris
# The Look of Love
# When I Look in Your Eyes

○小曽根真
# Duet with Satoru Shionoya

○塩谷哲
# Duet with Makoto Ozone

○寺井尚子
# Anthem

■クラシック音楽

○オペラ
- ワーグナー ニーベルングの指環全曲
# Barenboim/Bayreuter Festspielorchester

# K.Boehm/Bayreuter Festspielorchester

-ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》(全曲)
# Barenboim/Berliner Philharmoniker

○交響曲
- ブラームス 交響曲第3番
# G.Wand / NDR Sinfonieorcheser

- マーラー 交響曲第6番
# Boulez/Wiener Philharmoniker

○管弦楽曲
- ラヴェル ラ・ヴァルス
# Kimbo Ishi=Eto The Symphonica

○室内楽
- ショスタコービッチ ヴィオラ・ソナタ 他
# 今井信子ザ・ロシアン・ヴィオラ

- ヒンデミット 無伴奏ヴィオラ・ソナタ
- シューマン おとぎの絵本 他
# 小野富士





|

« 健康診断結果-腎臓の病気? | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Audio Technica ATH-CK10で聴いた音楽:

« 健康診断結果-腎臓の病気? | トップページ | 新年おめでとうございます。 »