« ALWAYS 続・三丁目の夕日 | トップページ | オーディオテクニカ 「ATH-CK10」購入 »

2007年12月 2日 (日)

ブレイブワン

12/1(土) ジョディ・フォスター主演の「ブレイブワン The Brave One」を観た。

まず12/1が映画の日とは知らずに劇場に行ったら、毎月1日は映画の日とのことで、1,000円で観られたのは、ラッキー。先週も「ALAWYS 続・三丁目の夕日」が、1,000円で観られたので、ここのところ続けて通常より安く観られている。

さてこの映画、ジョディ・フォスター主演ということ、「許せますか、彼女の”選択”」(英語では、"How many wrongs to make it right?")、というコピーに惹かれて観たのだが、ジョディ・フォスター、テレンス・ハワードは○で、「許せますか、彼女の”選択”」というところは、△という感想。

復讐、私刑という問題を扱っているのだが、「考えさせる」ところまでは、私自身行かなかった。彼女の「選択」が許せるのか、許されないのか、を深く考えさせられるところまでには、行かなかった。何か、方向が違う、何かが、足りない、と感じた。一線を越えて、今までの自分とは違う、自分自身を変わってしまった?というのは、何か違う。ラストシーンの扱いも、それほど、驚きではなかった。

|

« ALWAYS 続・三丁目の夕日 | トップページ | オーディオテクニカ 「ATH-CK10」購入 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブワン:

« ALWAYS 続・三丁目の夕日 | トップページ | オーディオテクニカ 「ATH-CK10」購入 »