« ぼーっと | トップページ | 用意(BlogPet) »

2008年3月20日 (木)

NHK ハイビジョンな日

今日は、NHK ハイビジョンな日でした。

午後1時から夜8時まで、「ベルリン・フィルのすべて」を見ました。
そしてその後、8時から10時半まで、「昭和を笑わせた男たち」を引き続き見てしまいました。

・「ベルリン・フィルのすべて」

ベルリン・フィルは、フルトヴェングラーの映像も見られたし、ギュンター・ヴァントのブルックナー 9番の映像も見られたのが良かったです。

フルトヴェングラーの演奏は、今の音響設備で録音されていたらどうなんだろうと思いました。

予想外に良かったのが、小澤征爾のチャイコフスキーの悲愴も良かったな。今年1月のカラヤン生誕100年の記念コンサートとか。前プロにムターのヴァイオリンでベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をやっていた模様。前プロを入れてもう一回放送してくれないかな。

・「昭和を笑わせた男たち」

これは偶然に見た番組でしたが、すごく面白かったです。録画しておけば良かったです。
題名通り、名だたる喜劇人を紹介する番組でしたが、私も直接知らない人も、改めて、その人となりを知ることができて興味深かったです。

桂枝雀も出てきて嬉しかったなぁ。

今回も、ヴィオラのトップ、Ms.Carrie Dennisの弾きっぷりに目がとまってしまいました。

Carriedennis




|

« ぼーっと | トップページ | 用意(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK ハイビジョンな日:

« ぼーっと | トップページ | 用意(BlogPet) »